WordPress

WING(AFFINGER5)にデザイン済みデータを適用する方法

今回はWING(AFFINGER5)にデザイン済みデータを適用します。

それでは『デザイン済みデータ』のページへ。
https://on-store.net/design-sample-affinger5/

私のBlogはこの中の『NOTE.2020』を適用しています。

それでは『NOTE.2020』を適用していきましょう。

NOTE.2020をダウンロード

SAMPLE3-NOTEをダウンロードします。

【※承諾事項を承認の上、ダウンロードする】をクリック。
ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、以下のファイルが入っています。

カスタマイザーのインポート

カスタマイザーインポート用のプラグイン『Customizer Export/Import』をインストールして有効化します。
WordPressダッシュボード > プラグイン > 新規追加 > Customizer Export/Importを検索

インストールして有効化します。

カスタマイザーをインポート
WordPressダッシュボード > 外観 > カスタマイズ > エクスポート/インポート

インポートでファイルを選択して【インポート】をクリック。

選択するファイルは、カスタマイザー用フォルダの中にある.datファイル。

次はウィジェットをインポートします。

ウィジェットのインポート

まず結論から報告しますが、『NOTE.2020』のウィジェットのインポートはエラーが出ます(2020.05.06現在)
これの対策として他の『デザイン済みデータ(sample-tidy)』をダウンロードして、そのウィジェット用データを使用しました。


ウィジェットインポート用のプラグイン『Widget Importer & Exporter』をインストールして有効化します。
WordPressダッシュボード > プラグイン > 新規追加 > Widget Importer & Exporterを検索

インストールして有効化します。

ウィジェットをインポート
WordPressダッシュボード > ツール > Widget Importer & Exporter

ファイルを選択して【ウィジェットをインポート】をクリック。
選択するファイルは、ウィジェット用フォルダの中にある.wieファイル。

最後はテーマ管理をインポートします。

テーマ管理のインポート

テーマ管理インポート用のプラグイン『データ引継ぎプラグイン』をインストールして有効化します。
しかし、この『データ引継ぎプラグイン』だけ有料です

こちらのページから購入します。
https://on-store.net/data_export/

ページを下の方にスクロール
データ引継ぎプラグイン購入の画面が出てきます。

数量を入力して【ショッピングカートに入れる】をクリック。

購入画面になるので

【注文画面へ進む】をクリック。

会員登録をして注文を確定させます。

STINGER STOREにログインして購入履歴より

『データ引継ぎプラグイン』をダウンロードする。


WordPressダッシュボード > プラグイン > 新規追加 > プラグインのアップロード

【ファイルを選択】でデータ引継ぎプラグインをインストールします。

WordPressダッシュボード > AFFINGER5管理 > データの引継ぎ

インポートでファイルを選択して【インポート】をクリック。
選択するファイルは、テーマ管理用フォルダの中にある『theme.json』。

これで、デザイン済みデータが適用されます。

SEOに強く、カスタマイズ性の高いテーマといわれている『WING(AFFINGER5)』興味のある方はどうぞ!

-WordPress
-

© 2021 Junction Powered by AFFINGER5