WordPress

Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)でエディターの機能を拡張

今回はWordPressのエディター機能を拡張するプラグイン、【Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)】の紹介。
ブロックエディター、クラシックエディター(旧エディター)の両方のエディターに機能を拡張できます。

WordPressを使っていくならインストールしときたいプラグインです。

【Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)】のインストール方法

WordPressダッシュボード > プラグイン > 新規追加

インストールをして【有効化】

【Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)】の使い方

設定 > Advanced Editor Tools (TinyMCE Advanced)


上が【ブロックエディター】、下が【クラシックエディター】の設定。
タブで切り替えます。

ブロックエディターの設定

ブロックエディターで【クラシック版の段落】を使用した時に表示されるツールバーをカスタマイズします。

赤枠内から使いたいボタンをツールバーにドラッグ&ドロップします。

今回は【アンカー】を追加しました。

設定を保存すると【クラシック版の段落】のツールバーに【アンカー】が追加されます。

青枠のボタンは使用しているテーマ【WING(AFFINGER5)】専用のボタンです。

クラシックエディターの設定

ブロックエディターと同じようにクラシックエディターのツールバーをカスタマイズします。

赤枠内から使いたいボタンをツールバーにドラッグ&ドロップします。

こちらは【下線】を追加しました。

設定を保存するとクラシックエディターのツールバーに【下線】が追加されます。

こちらも青枠のボタンは使用しているテーマ【WING(AFFINGER5)】専用のボタンです。

ここまでがツールバーの基本設定になります。

その他の設定

その他の設定には【オプション】【上級者向け設定】【管理】があります。

これらの設定は【ブロックエディター】【クラシックエディター】共通の設定になっていて個別に設定できません。

全て初期の状態で問題ありません。

オプション


個人的には5番目の【フォントサイズ】をONにすると便利だと思ったのですが、私の使用しているテーマ【WING(AFFINGER5)】と干渉しているのか設定が反映されません。
【WING(AFFINGER5)】を使用していない人は試してみてください。

上級者向け設定

テーブル用の高度な設定

管理

全ての設定が完了したら【変更を保存】をクリック。


Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)をインストールするとページ内リンクが簡単に設置できます。

最後に、ページ内リンクについて解説した記事のリンクを紹介します。


興味のある方は参考にしてください。

-WordPress
-

© 2021 Junction Powered by AFFINGER5