ガジェット

2021/4/7まで急げ!楽天モバイルを約1年間完全無料で使ってみよう!

今回は『1年間無料キャンペーン』を利用中の楽天モバイルの紹介。
もうすぐ『1年間無料キャンペーン』が終わるので、約1年間使ってきて、

  • 通話音質はどう?
  • 回線エリアは問題ない?
  • 本当に無料?

など世間の色々な疑問を私の感想とともに解説していこうと思います。

まずは結論!

  • 楽天モバイルはおススメです!
  • 1年間無料キャンペーンも、2021/4/7まで、契約するならお急ぎを!
  • 契約の仕方次第で、楽天からお金を貰って1年間無料で使いたい放題!
  • 選ぶ端末次第で安価に契約し、1年間無料で使いたい放題!

楽天モバイルを約1年間使ってみて

通話音質はどう?

普通に問題ありません!


しかし、
楽天モバイルの通話料無料は、専用アプリ【Rakuten Link】からの通話のみです。

スマホには【通話アプリ】が最初から入っていますが、それを使用すると普通に通話料(30秒/¥20)が発生しますので注意してください。

回線エリアは問題ない?

回線エリアは問題ありません!


楽天モバイルエリア(5G):どこのキャリアも使い物にならない

楽天モバイルエリア(5G):まだ発展途上

これだけでは使い物になりません。
しかし、パートナーエリア(au回線によるローミング接続)が使えるので問題なし。

本当に無料?

本当に無料です(ただし条件あり)!


電話:専用アプリ【Rakuten Link】からの通話のみ(ナビダイヤルは対象外)

通信:楽天モバイルエリア+パートナーエリア5GBまで

直近3か月の利用明細ですが、2021/02利用分はナビダイヤルを利用したので、その通話料が発生しました。

今なら選ぶ端末次第で安価に契約し、1年間無料で使いたい放題!

このように通話、通信に独自ルールがありますが、全く問題ありません。

それでも楽天モバイルが心配な方は、2021/4/7までの1年間無料キャンペーンを利用してサブ機(2台目)として導入してみるのもいいと思います。
導入時の初期費用もキャンペーンのポイントバックを使えば、かなり安く保有することができます。

例えば、現在の行われているキャンペーンを使用すると、

楽天モバイルの契約で:¥5,000キャッシュバック
スマホを一緒に購入:¥20,000キャッシュバック

この記事の作成時(2021.03.06)は、【初期費用:¥0】なので、【¥25,000までのスマホ】を購入すれば楽天ポイントが¥25,000分キャッシュバックされるので、完全に無料で1年間、楽天モバイルを使用できました。
例えば、下の赤枠の機種を購入すると、1年間完全無料というより、『楽天からお金がもらえる』ということになります。
この余ったキャッシュバックで購入したスマホのアクセサリーも無料で購入できると思います。

しかし現在(2021.03.21)は、端末によってキャッシュバックの金額が異なる】ため、完全に無料で1年間、楽天モバイルを使用することは出来ません。
現在は下の赤枠の機種【OPPO A73】をが最安です。
申し込み時のキャッシュバック¥5,000と合わせて、¥800で購入できるので十分に安く購入できます。

この様に購入前にキャンペーンの対象をしっかりと確認してください。

まとめ

  • ¥25,000までのスマホを購入すれば楽天からお金をもらって、1年間無料で使用できる。
  • 選ぶ端末次第で安価に契約し、1年間無料で使用できる(購入前にキャンペーンの対象をしっかりと確認)。
  • 1年使ってみてメリットありと判断したら、このまま継続利用。
    ■ このままサブ機として保有し続ける。
    ■ メイン回線をMNPで楽天モバイルに乗り換える。
  • 1年使ってみてメリットなしと判断したら解約し、今まで通りメイン機を使い続ける。
    ■ 解約手数料:¥0
    ■ 端末をフリマサイトで売却し、現金化。

これで金銭的な負担なし(逆にお金を貰いながら)で楽天モバイルを1年間モニター使用できます。


私はメリットありと判断したので、このままサブ機として契約を継続しようと思います。
気になった方は以下のリンクから申し込めます。

-ガジェット
-,

© 2021 Junction Powered by AFFINGER5