Google

Google AdSenseのsellers.json ファイルに販売者情報を公開

Google AdSenseで【Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。】という注意が出ていたので対応していきます。

sellers.jsonとは?

広告エコシステムの透明性を高め、不正行為を防止するための IAB Tech Lab 標準です。
sellers.json は、販売者情報の一般公開ファイルを使用します。
サイト運営者は、AdSense アカウントの種類に応じて個人名または会社名をファイルで共有することを選択できます。
このファイルで、広告主は信頼できる方法でパブリッシャー様の身元を確認し検証できます。

Google では、サイト運営者の皆様に個人名または会社名を公開し、情報を透明化することをおすすめしています。
そうすることにより、広告主が広告枠を確認しやすくなります。
情報を透明化しない場合、広告主はお客様の名前を確認できないため、収益に影響する可能性があります。

Google AdSenseヘルプから引用

sellers.jsonファイルを公開することは、広告主に対して『あなたの広告が表示されているWebサイトのオーナーは私ですよ』と証明する作業となります。

対処方法もヘルプに記載されているので、このまま紹介していきます。

販売者情報の公開手順

メニュー > アカウント > 設定 > アカウント情報

販売者情報の公開設定:【非機密】にチェック
【ビジネスのドメイン】を入力

URLは example.com の形式で入力し、サブドメインやホスト名を含まないようにします。
例えばこのWebサイトであれば、URLが『https://junction-01.com/』 ですが、入力する部分は『junction-01.com』になります。

入力すると設定が自動保存されます。

これで設定完了です。

-Google
-

© 2021 Junction Powered by AFFINGER5